想い

子育てとは、「子どもたちの考え方や心の成長にかかわりながら、

子どもたちの未来へのサポートをする」ということ。


私たちは、

「イキイキと自分を表現しながら、

人とのかかわりの中で人の役に立つ喜びや、やりがいを感じ、

自分自身の未来をどんどん作っていける人になって欲しい。』

と、子供たちに願っています。

ではそのために育児というステージの中で、 私たち母親が今出来ることってなんだろう。


子どもたちが将来、「自分で考え、自分で決断し、自分で行動していく」ために、

まずやり方を教えることだったり、それを見守ったり。

立ちはばかるものがあったら一緒に考えてみたり、背中を押してみたり。

そうやって子供が経験から学んでいく姿を見守り、

彼ら自身の良さを本人に気づかせていくコミュニケーションも大切だと考えます。

そして子どもたちの未来・生き方を思うからこそ、

私達自身が『自分の思いを叶えていく生き方』を実現していくこともかかせません。

私達自身が自分の好きや得意を楽しんだり、自分の価値観を大切にしながら、

未来や夢に希望や期待を持ちながら人生をより良いものにしようとしている姿。

それは子どもたちにとって「こうなったらいいな」という自分の夢や理想を感じた時に、

希望や行動力を与える影響とあったり、

自分を表現することの意味や喜び、そして「人生は自分で作っていける」という前向きな生き方が、

私達が子供の未来を願う”我が子への想い”へと深く通じていきます。


これからは100年時代。

私達は子どもたちの心や体の成長に寄り添いながら、

私達自身が「こうなろう」を実現していくことを楽しみ、

人生の充実感や自分自身を生きることの心地よさを感じて、

子どもたちと一緒により良い未来を作っていくことがこれからとても大切なことと考えます。


子育て中の選択、好きを仕事に

私自身、「家族みんなでの“やりたい”を叶えたい」という想いから子育てをしながら働き始めましたが、

子供の成長や家族のライフスタイルなど、その時の変化に合わせて私の働く時間や曜日など、

仕事の状況・環境を変化させて、効率よく家庭も仕事もこなせるような仕事がしたい…と思っていました。

だからこそそれを実現させるには、私自身の“働き方”というものを考えることがとても重要でした。


そんな時、

どんな仕事の仕方が自分に向いてるのか、どんなところを私自身は仕事に活かせるかなど、

”自分はどんな人?”というのを知ることができたキレイデザイン学に出会いました。

子育てというステージにいながら、家族と向き合い自分の好きや得意を仕事にと変えてゆける。

そして自分や家族が笑顔で暮らせる出来事や生き方を一つずつ実現できる。

それが何よりも私にとってとても幸せなことですし、

人生をより良くしたいと願う人への役立つツール・必要な知識となるキレイデザイン学によって、

自由な働き方をも出来るようになりました。

未来は選べる

見えていなかった自分を引き出していくことで、夢を叶えられる人へとどんどん変化します。

個性心理学は個性を決めつけるものでは決してありません。

自分・人・未来がわからないことこそが、”やりたいけどやれない自分”の原因となるものです。

現状を与えられた環境だと思って生きるよりも、

自分が望むように生きれていると感じれることの方が格段に幸せ度数が上がります。

自分・人・未来がわかると 、

自分の出来ること・嬉しいと思えること・楽しいと思えること・やる気が出ること・自分が役に立てること、

それらを選んでいけるようになります。

「夢は見るけど自信はない」というような私が、

自分の人生は与えられたものではない。

他の誰かが作っているのではない。

自分自身で作ってるものだ。

と改めて気付き、

自分で道を作り、出来たを増やし、自分のやりたいがどんどん明確になってきて、

やりがいと喜びがどんどん増えています。


自分・人・未来を知るということは

私達の中にある”不安”や”心配”という大きな壁をどんどんなくし、

心地よく生きられる自分らしい生き方・未来を選んでいけるということ。


子供と一緒に私達も経験をしながら、互いに自分をどんどん幸せにしていける人になっていきましょう♪

■キレイデザイン学はこちら

■あかちゃんともちはこちら

理想の未来を叶えるママの為の時間術はこちら

■お片付けのサポートはこちら