子育てをしながら自分はどんな年を過ごしたいですか?

2020年が始まり、もうすでに1月も後半に♪

去年末からゆっくりじっくり少しづつノートに書き足しながら 、

2020年の目標やテーマを考えました。

2020年が終わる頃、1年前の自分よりもさらに出来た・得られたっていう理想の階段を登れた実感を味わえるようにと思うと書き出すことが楽しいんです(笑)

でも、私書いて満足しちゃうところあるからそうじゃなくてやらないとですね!

理想の未来に近づくために”じゃあ今年はまずどうする?”と考えた時、

私は2020年は”自分を成長させる時”にぴったりな時期(リズム)なので、焦らずコツコツの意識を持って土台作りの行動をしていきたいと思ってます。

自分のリズムのサイクルがわかってることで、

今年すベきことのリストアップがどんどんしていけるようになったし、

やる気・出来る気・やりたいがあふれるようになったのはここだと思う。

だから日々のワクワクが増えてってるんだなぁって思うんですよね~。。


2年半前の私との違い

自分で仕事をしようと動き出した私は、

まず今何をしたらいいだろう?

どこから手を付けたらいいんだろう?

頑張ってる成果っていつ見えるんだろう?

今の私が今やるべきことはこれでいいんだろうか?

とか、

手探りで不安がありながらも自分で見つけ出し、なんとかやってみようとしてる感じでした。

そんな感じだったところから、今はリズムのサイクルを知ったおかげで、すべきことが見えたり、

行動しやすくなったってことを自分で感じて、嬉しく思いながらも楽しさ・前向きさが増えたりしたことをすごーーく感じているんです。

だから私はなかなか前に進めない人に教えたい・伝えたいって思うし、

一緒にお互い楽しく仕事(人に喜んでもらえること)していける人になろうよ!という気持ち(真摯に思ってる気持ちをちょっとフレンドリーに言ってみました(笑)) があるからキレイデザイン学の講師しています^^

キレイデザイン学と子育ての学び

昨日ね、私アドラー心理学を元にした”子育てアドラーSTEP”全9章の学びを終了することができたんです。


その最後総締めの9章の中で、

自分(親)と子供、それぞれの存在価値があるということを認める。

とあったんです。


個性心理学を用いたキレイデザイン学やあかもちの中で学ぶ、そこでの大切な核の部分です。

『我が子は自分と同じではない。私達はみんなそれぞれの個性をもった一人の人同士だ』ということ。

『私の子だから…』ということではないということ。

通づるなぁ~としみじみ感じました。。


昨日は”私の長所と能力”を書き出していくワークがあったんです。

みんなそれぞれ自分のを書いて、最後自分のをシェアしながらみんなもその人の素敵なところを上げていくというワークでした。

自分のを発表した後私はみなさんに、

すごく行動力があるよね!とか、聞く力がすごくある~!とか

心が澄んでる!とか、男前だよね~!とか(笑)言ってもらえて。

(楽しい時間だったなぁ~(ボソッ)笑)いいところ言ってもらえるって嬉しいよね(笑)


でね、話は戻るけど、

行動力があるよねって言葉に実は私、”やっぱりそうか”なんて密かに思ったんです。

それというのも、リズムのサイクルがわかって本当に自分の行動力が上がったと思ってます。

世の中の人たちと比べてしまったら「おーーーーいどの口が言ってるの~?」って感じかもしれないですけ、

自分が自分の変化を感じてるから褒めてくださった言葉を謙遜せず素直に認めることができたところにも自分の変化を感じれてね。


元々の私は個性の中に”アクティブ”という個性を持ってはいるんですけど、

実際は自分では、言うだけで行動できてない人だと思ってるから余計に諦める姿勢があるところがあったり、

すぐ自分を卑下してしまう癖がついてたので、自分のいいところに行動力なんてワードなんか浮かんだことなんてないんです。

なのに今回、やっぱりそうか!なんて思ったっていう。

この変化の最大の理由は、

過去の私:周りの人と比べて自分をみるから自分を認められない
今の私:過去の自分と比べてみてるから自分を認めることが出来た

という違いです。

わかりやすく言うと、

「自分には無理だ…」
褒められても「いやいや自分はそんな事ない…」
「どうせできない」
と思う私と、

「出来るようになってきた」
褒められて「ありがとう!変化を感じてもらえて嬉しい」「やっぱりそうなんだ!」
「きっと出来るようになる」
と思う私。

この違いは自分の感じる幸せ度数に大きく影響しますよね!!

結果、自分を知ると変化に気づけたり、変化を認めることが出来るようになる。

だから自分を満たせる人になるために大切なことだなと感じます。

自分を知る事ができたら、幸せ度数が上がるんです♪

子どもたちを幸せにしてあげたいからこそ、私たち自身が幸せになりましょ♪


というわけで長くなっちゃったけど、

次回は私がなんで9章の学びSTEPを学んだかを書きたいと思います♪


我が子の個性を伸ばしてあげたいと思ってるのに、

それはダメだよねと感じることがあると怒ってしまったりする。

”私は親だから…””私が親なんだから…”の気持ちがあった私のお話です。


Follow me!

お得な情報を無料でGET

LINEでお友達になっていただくと、無料でお得情報や新情報のお知らせが届きます。
LINEだけの無料キャンペーンもありますのでお楽しみに。